>  トップ >  手ブレ口ブレ >  2022年

鳥撮り

2022年01月22日 鳥撮り 横浜市鶴見区

池の中に、 いかにも鳥にとまってもらえそうな枝が刺してある公園は珍しくない。 いろんな鳥が利用しそうだが、 もっぱらカワセミ専用になっている。 たぶん、 魚から丸見えの場所だろうし、 カワセミほどの魚獲りの名人でもなければ、 魚に逃げられるだけなのだろう。 そうして、 カワセミが目当てのカメラが水際に集まってくるという仕組みらしい。 カワセミ用は照準器がついているものだ。

お香

2022年01月21日 お香 川崎市川崎区

今朝の平間寺は、 いつになくざわついていた。 屋台を開く準備をしていて、 人の気配が増えていた。 本殿の前から参拝道にかけて、 参拝客の姿があった。 お香を献じる炉の蓋が開いて、 炭が赤くなっていた。 寒い朝、 たったこれだけでも、 暖かく感じた。 経堂の扉が開いていて、 入り口でおばあさんが手を合わせていた。

クチナシ

2022年01月20日 クチナシ 横浜市神奈川区

薄暗い暗渠道でクチナシの実が熟しているのを見かけた。 クチナシはおびただしい数の花が咲くのに、 実は少ない。 ほとんどが受粉せずに散ってしまうのだろう。 今日は、 大寒にふさわしく縮み上がりながら家路についた。 朝も寒かったが、 夕方の方がさらに寒く感じた。 一日、 晴れていたのだが、 日照がまったく役に立ってなかったようだ。

仕切り

2022年01月19日 仕切り 川崎市川崎区

平間寺の本堂に向かう広場には正月仕様の仕切りがずっと置いたままになっている。 年末年始の初詣は、 どれぐらい混雑していたのだろう。 ここに限らず、 初詣ついでにマスクを外して歓談しつつ飲食に興じた人達も一定数いるようで、 それが年を越してからの数字の増えの原因の一つになっているみたいだ。

門松

2022年01月18日 門松 川崎市川崎区

今朝も平間寺は正月仕様のままだった。 門松が立ち、注連縄が渡り、 五色正幕が風に揺れ、紫の紋入り幕が下がっていた。 門前の門松は、 葉付きの竹が立つ特別製だ。 さすがに半月以上経って、 竹の葉は萎れてきた。 それに対して松の葉はまだまだ青々としていた。

東急東横線

2022年01月17日 東急東横線 横浜市神奈川区

電車が近づいてくる音が地下路線の出口から聞こえてきた。 少しずつ速度を落としている様子で、 東白楽駅に停車する各駅停車なのだろう。 東急東横線は、 最近は電車が走っているのを見るだけで、 沿線に住んでいるというのに利用しなくなった。 3月に運賃を値上げするそうなので、 その前に利用する機会を設けたいものだが、 感染症の流行り次第では、 それも流れそうだ。

イチゴの花

2022年01月16日 イチゴの花 横浜市神奈川区

イチゴの花の色は、 古くから育てられてきた品種の花の色は白だ。 それが、 この数年間に薄ピンク色の花を咲かせる品種が出回りだした。 といっても、 さすがに道端の雑草に混じって花が咲いているのを見たのは、 これが初めてのことだ。

ヒメリンゴ

2022年01月15日 ヒメリンゴ 横浜市神奈川区

親指の先ぐらいの小さなリンゴが、 赤色になった。 ヒメリンゴの名にふさわしく、 どんなに小さくてもリンゴの形をしており、 皮もリンゴそのものだ。 実を輪切りにすると種を入れる袋が5つあるのもリンゴの特徴で、 それも受け継いでいる。

遊具跡

2022年01月14日 遊具跡 横浜市港北区

岸根公園の斜面を利用したローラー滑り台がなくなった。 感染対策で1年近く封鎖されて使用禁止になった後に利用を再開していたのだが、 1年近く動かさずに風雨に晒し続けて故障してしまったのだろうと予想してみた。 ちびっこ達に人気の高い遊具だったけれど、 なくなって数年経つと、ないことに慣れてしまうのだろう。

植木鉢

2022年01月13日 植木鉢 横浜市鶴見区

植木鉢が藁で囲んであった。 機能はどうあれ、 寒々とした見た目がなくなって良いものだ。 植えてあるハボタンとシクラメンも藁と合っている。 寒さが続いて、 毎朝、 霜柱を見ながら通勤している。 電車は感染対策で窓を開けて走っているので、 外よりも多少マシというだけだ。

門前町

2022年01月12日 門前町 川崎市川崎区

正月前後は平間寺の門前町が朝早くからシャッターを開けて商いをしている。 開いている店はダルマ屋さんが主だ。 赤いダルマだけでなく、 色とりどりのものが並んでいて、 店を覗き込むと華やかだ。 中には虎面のダルマ形、 アマビエ柄のダルマ形の置物も混じっている。 破魔矢もあれば、七福神を飾った熊手もある。 お饅頭屋さんと甘酒屋さんも開いていた。

トキワサンザシ

2022年01月11日 トキワサンザシ 横浜市神奈川区

横浜で、 今の時期に赤くて小さな丸い実がたくさん付いている木はトキワサンザシかクロガネモチ。 両方共、 頻繁にみかける。 好まれているようだ。 ときたま、 実を珍しくも鳥に食べられずに残したナンテンも見かけるが、 実がなくなっているのが通常で珍しい。 今日は新年仕事始めのご出勤の方々が多かったのだろうか。 行きも帰りも電車がいつになく混んでいた。

紅梅

2022年01月10日 紅梅 横浜市港北区

岸根公園の紅梅の花が揃いだした。 ただし、 咲いているのは八重の紅梅ばかりで、 公園内の他の寒梅は花が開く気配がまだない。 年が開けてからの寒波で、 開花が遅れているみたいだ。 紅梅の花が増えてきて、 さらに寒さが和らいだとあって、 梅の木の下のベンチでくつろいでいる人影が数組あった。

残雪とハボタン

2022年01月09日 残雪とハボタン 横浜市鶴見区

馬場花木園はソシンロウバイの開花が遅れていて、 花が極端に減っていた。 ジュウガツザクラとシクラメンが数少なくひっそりと咲いていた。 花の代わりにいろんな場所に色を添えているのはハボタンだった。 それも、 なぜか小ぶりのハボタンが多かった。 一箇所に3つ以上を並べて植えてあった。 中でも、 小ぶりの切れ葉と残雪の組み合わせが良い雰囲気だった。

雪化粧

2022年01月08日 雪化粧 横浜市港北区

晴れの日が2日続いているものの、 人が立ち入らない北側斜面には雪景色らしい情景が残っているところもある。 意外だったのは、 北側斜面が広がる菊名桜山公園に、 雪がほとんど残っていないことだった。 谷を一つ挟んだ畑には雪が残っている。 違いは、 開けているか、 林になっているかどうかぐらいだ。 それで積雪に差が生じたのだろうか。

雪化粧

2022年01月07日 雪化粧 川崎市川崎区

明長寺の赤門と積雪の白さが絶妙だった。 予想がついていた通り、 今朝は道路のあちこちがスケートリンクになっていた。 全面でなかったのが救いで、 路面を観察しつつ氷膜を避けて歩けば転ぶことはない。 今日は良く晴れていたのだが、 日陰の氷を溶かすに至らず、 夜になっても白い塊が残ったままだ。

雪化粧

2022年01月06日 雪化粧 川崎市川崎区

午後に帰宅指示が出て、 早めに仕事を切り上げた。 その頃は軽い雪化粧だったのに、 それでも京急本線に数分の遅れが出ていた。 じわりと積雪の影響が生じているようだった。 夜までに数センチ積もっただけなのだが、 明朝が憂鬱だ。 氷点下の冷え込みが朝まで続き、 坂道の路面が凍りつく可能性が高い。

アロエ

2022年01月05日 アロエ 横浜市神奈川区

ニョキニョキと伸びているアロエが増えてきた。 道端で目に入る民家のアロエの花の盛りはもう少し先のようだ。 まだ花が開いていないか、 開き始めが大半だ。 そんな中、 滝の川せせらぎ道のアロエは、 先走りして年末から咲いている。 正月開けには、 既に下側の花が落ちだしていた。

横浜駅西口

2022年01月04日 横浜駅西口 横浜市西区

横浜駅西口の天蓋ができてから、 電飾が変化した。 天蓋ができる前の工事中には、 地上にアーチを置いていた。 それはなくなって、 天蓋の天井を電飾するようになった。 LED を仕込んだ大きな網を渡してある。 LED の色は、 ゆっくりと変化していく。 いろんな色の中で、 空色が気に入った。

寒紅梅

2022年01月03日 寒紅梅 横浜市港北区

元旦から梅の花を目にすることができると、 なんだか良い年になりそうな気分になる。 紅梅の開花が始まっていて、 数箇所で目にしたものだ。 まだ疎らなため、 手頃な場所に咲いている花は貴重だ。 今年は横着して水餃子を手作りせず、 散歩の帰り道にスーパーに入って冷凍水餃子を一袋買ってきた。 大阪王将の詰合せ袋も並んでいたが、 水餃子が入っていなかったのは残念だった。

寅年

2022年01月02日 寅年 横浜市神奈川区

相応寺の門前、 お地蔵さんのマスクがお正月仕様になっているらしい。 たぶん、 小さな子供向けにデフォルメされた可愛らしい虎の柄になっているのだろう。 それが、 まさか、 凛々しい虎の絵のマスクだったとは。 いったい誰が予想できたであろうか。

富士山

2022年01月01日 富士山 横浜市神奈川区

太陽がビルの合間から登っていくのを眺めて元旦の朝の始まった。 昨日から一転、青空が広がる。 気温も低すぎず。 富士山もくっきりと冠雪を輝かせていた。 篠原八幡に詣でるかと階段を上がったら、 行列ができていた。 新年を横浜で迎えた人々が多かったみたいだ。 初詣は人が疎らになってからにしようと階段を引き返した。

門松

2021年12月31日 門松 横浜市神奈川区

大口商店街の大口駅側の入り口に門松があるのかどうか問題を解決すべく、 雪が止んだ後に確かめに行ってみた。 歩いても体が暖まる気配がいっこうになく、 耳は痛くなるわ、 靴底ごと氷漬けされるのじゃないかと心配してしまう寒い寒い午後だった。 門松は左右とも柱と柱の間に押し込んであった。

カワセミ

2021年12月30日 カワセミ 横浜市港北区

菊名池を通り過ぎる途中、 カワセミがこっちを向いてとまっているのが目に入った。 ジジババ撮影隊の面々は今日は活動がお休みのようで、 池の畔には誰もいなかった。 いつもなら何本もの三脚をずらずら並べて場所ふさぎをしている。 カワセミがいても、 ちらりと目で見て通り過ぎるしかない。 これを撮ったすぐ後、 カワセミは池に飛び込んだ。 その後は葦の向こうへ飛んでいって姿を消した。

門松

2021年12月29日 門松 川崎市川崎区

平間寺の山門の注連縄の飾り付けも門松に仕上げてあった。 こちらは建物の前の門松とは比べ物にならない立派なものだ。 葉付きの大きな竹と、 これまた葉付きの大きな松の枝を一緒に立ててある。 それを五重の松葉の束で囲んで、 針葉樹の皮で巻いてある。 飾り結びした縄で縛ってある。 それが4基並ぶ。

門松

2021年12月28日 門松 川崎市川崎区

平間寺はすっかり初詣対応になった。 五色正幕が朝日に輝き、 紋入り紫幕が格調を漂わせている。 所狭しと大型から小ぶりまで、 様々な屋台が並び、 警備用の神奈川県警の2階建てプレハブなんてものまで準備してある。 10日の日の門松の風変わりな姿は作りかけの途中で、 今朝は門松らしい形に整えてあった。

寒白梅

2021年12月27日 寒白梅 横浜市神奈川区

ソシンロウバイと並んで寒白梅も開花していた。 つぼみの先端が白くなっているものが多く、 お正月には花が増えそうではあるけれど、 今日の寒波で開花がお預けになるのかもしれない。 今朝は氷点下で、 通勤路に何箇所かに氷がはっていた。 霜柱も多かった。


MIZUTANI Tociyuki at Kanagawa-Ku, Yokohama-City, Japan