>  トップ >  手ブレ口ブレ >  2022年 >  第49週11月28日から12月4日まで

香炉

香炉(18k)

2022年12月01日 川崎市川崎区

不動堂の香炉の蓋が開き、 お香の束が供えてあった。 お堂の扉が開き、 中から明かりが漏れ出ていた。 信徒の方々が堂の中に座し、 読経が続いていた。 朝から夕に向かって気温が落ちていったものの、 夜になっても身構えていたほどの冷え込みには至らなかった。 日曜日に暖房を準備しておいたものの、 今夜の出番はなかった。

 

イチョウ

イチョウ(29k) 29日撮影

2022年11月30日 川崎市川崎区(29日撮影)

平間寺に注連縄を回したイチョウの木がある。 空襲をくぐり抜けた奇跡から霊木とされている。 建物はすべて焼失し、 銀杏の手前の経殿も向こうの大門も戦後復興の鉄筋コンクリート製だ。 木々も失われ、 この木だけが戦後にひこばえから蘇ったとやら。

 

干し柿

干し柿(39k) 27日撮影

2022年11月29日 横浜市鶴見区(27日撮影)

古民家の軒で干し柿が縮んで小さくなっていた。 表面は柿渋により黒色に変色し、 柿の果肉の瑞々しい表情は跡形もない。 なんでも、 串に刺した干し柿は、 お正月の鏡餅の飾り用だったそうだ。

 

イチョウ

イチョウ(28k)

2022年11月28日 川崎市川崎区

先週から、 大師公園の大イチョウの木々が黄色をゆったりと増やしていくのを眺めて楽しんでいる。 日照に恵まれない北側の枝についている葉から黄色になっていくようだ。 南側は緑を残している。 開けた広場に聳え立って、 のびのびと枝を伸ばしているのが良い。

 

MIZUTANI Tociyuki at Kanagawa-Ku, Yokohama-City, Japan