>  トップ >  手ブレ口ブレ >  2021年 >  第42週10月11日から10月17日まで

バラの花

バラの花(33k) 16日撮影

2021年10月17日 横浜市港北区(16日撮影)

雨の土日だった。 今日は雨が上がったのは日が暮れる直前だった。 昨日の方が雨が降っていない時間帯は長かったが、 薄暗いのは同じだった。 雨と共に気温が下降し、 秋を彩る花々が開花しだした。 バラもその一つ。 初夏に花の数を誇るかのように開いていた同じバラの木が、 今度は控えめに咲いている。

 

ボンボリ

ボンボリ(44k)

2021年10月16日 横浜市神奈川区

六角橋商店街のボンボリが赤モミジ模様になった。 お店によってはハロウィンの飾り付けをしている。 かっては、 カボチャ色の提灯に目と口を付けたジャック・オー・ランタン風の提灯が並び、 ハロウィンに近い週末には仮装行列を開催したりしていたものだが、 すっかり過去の思い出話しになってしまった。

 

ニガウリ

ニガウリ(36k) 10日撮影

2021年10月15日 横浜市鶴見区(10日撮影)

ニガウリが、 相変わらず花を咲かせては実を膨らましてを繰り返している。 秋雨前線による雨の季節から秋のお彼岸までの天気を、 今年は何度か繰り返しており、 割安販売のニガウリが出回る時期も長く伸びている。 今でも、 スーパーに 1 本 130 円ぐらいで売っていることがある。 見つけたら、 買ってきては、 豚肉と昆布と一緒に炊いて楽しんでいる。

 

菊花

菊花(33k)

2021年10月14日 川崎市川崎区

平間寺のお供えの菊の花が大ぶりになってきた。 菊の花の時期が近づいている。 平間寺の大門を入ってすぐの左手の広場に菊鹿展用のテントが並んでいた。

 

ホトトギス

ホトトギス(30k) 10日撮影

2021年10月13日 横浜市鶴見区(10日撮影)

入江川せせらぎ道の両側に花が並んでいたホトトギスだが、 片側が刈り込まれて、 寂しくなっていた。 ツボミがたくさんついた茎は残してあったので、 そのうち、 またもや両側に花が咲くのだろう。 馬場花木園の広がり放題だったホトトギスも刈り込まれて、 すっきりしていた。 茂ったホトトギスの見た目が悪いのは困ったことだ。

 

横浜ベイクォーター

横浜ベイクォーター(30k) 9日撮影

2021年10月12日 横浜市神奈川区(9日撮影)

横浜ベイクォーターのデッキにランタンが下がっている。 それらの色合いは秋を意識したものになっている。 夜に灯ってる姿は綺麗なのだろう。 デッキには屋外にテーブルが並び、 マスクを外した若者達が楽しそうに話しながら会食していた。 マスク会食なんて言葉があったが、 実践する人なんていない。 あれは世迷い言だったのだろう。

 

青空

青空(20k)

2021年10月11日 川崎市川崎区

朝は素晴らしい青空が広がっていた。 風を涼しく感じ、 歩くのが楽しかった。 ただし、 平間寺に入ると、 コオロギが鳴いてなかった。 体で感じるほどには気温は下がっていなかったのだろう。 夕方は雲が増えて、 蒸し暑さが戻ってきた。

 

MIZUTANI Tociyuki at Kanagawa-Ku, Yokohama-City, Japan